コラム

20代女性 事務職希望のあなたへ

2019/10/25

弊社で20代女性の転職相談で一番多いのが、事務職希望の方です。

もちろん、MOSなどの資格をお持ちであったり、新卒で配属以降、

営業事務や総務・経理で経験を積んでいらっしゃって、

次も事務職希望という方はいいのですが、

現状のお仕事(例えば営業・販売)からキャリアチェンジしたくて、

てっとり早く事務なら、スペックが低い?ハードルが低い?気がして、

応募される方も多いです。

 

もちろん、ご縁があって事務職に転職成功される方もいらっしゃれば、

現状維持か、他のキャリアへ進まれる方の方が多いのも事実です。

 

特に成長企業では、のどから手がでるくらいに人を募集しています。

そして、未経験でも研修制度を設けて、積極採用しています。

以下、当社で把握している3つのパターンを共有いたします。

 

①IT企業でのエンジニア

エンジニアと言われると、学生時代に理系で勉強したか、

PCのプロのイメージがあるかもしれませんが、

ゼロから会社で教育してくださって、エンジニアを育ててくださる会社が増えているのです。

そういった、会社でエンジニアに転身される方が増えています。

 

②営業職への挑戦

営業職は、どうしても数値目標と向き合わないといけないため、

最初から営業職の求人票に目を通さない方もいらっしゃいますが、

転職の可能性を広げるためにも、是非視野に入れてください。

会社側も、ご本人の適正を見て、ルートセールス担当にするか、

新規開拓担当にするかを決めるものです。

挑戦する前から、あきらめるのではなく、まずは話を聞いてみてもいいかもです。

 

③秘書

秘書と言えば、映画やドラマに出てくる秘書検定を持っていて、秘書一筋、気遣いができるお姉様のイメージが強いですが、

今は実務経験があって、社長や役員からの指示をすぐに把握できる人を

求められるケースが多いのです。

事務職から秘書って、大幅なキャリアチェンジの印象を持つかも知れませんが、

事務職経験者だからこそ重宝されることも多いのです。

 

是非、上記①②③の求人票にも目を通してみてください。

コラム一覧へ