コラム

スーパー熱帯夜

2019/8/16

今年の夏は熱帯夜を超えるスーパー熱帯夜が連日という事で、寝苦しい夜が続いている方も多いかと思います。
なぜ暑いと眠れないのか。(暑いからと言われればそれまでですが)
人間の身体のしくみとして、睡眠時に体の深い部分の温度(深部体温)を下げないと深い眠りに入れないそうです。

深部体温を下げるためには体の表面から熱を逃がす必要がありますが、周りの気温が高いと熱を逃しにくく、深部体温が下がらないため、眠りにくくなります。

また、湿度にもご注意を!私たちの体は汗をかき、蒸発させることによって体から熱を逃がすのですが、湿度が高い場合は、汗が十分に蒸発できず、体の表面から熱が放出されないため、ますます睡眠の質が悪くなります。

良質な睡眠のために室内温度や睡眠環境を整えるなど、暑さへの対策が必須になります。寝るときにエアコンはちょっと抵抗が……」と思う方も多いですよね。現に以前は、エアコンをつけっぱなしにして寝てはNGといわれていました。しかし今はエアコンは、出来れば一晩中使用することを推奨されています。どうしても抵抗のある方は、まず深部体温を下げる必要があるため睡眠時間の前半4時間程度は使用するようにしてみてください。

夏の寝苦しさを解消するためには、やはり睡眠時のエアコンの使用が最も効果的。室温が29℃を超えると寝苦しくなりますので、エアコンを使用して快適な温度に調整するのが良いです。(もちろん冷やしすぎにはご注意ください)

スーパー熱帯夜もあと少し。秋に向けて体調を整える為に、寝苦しさを解消して睡眠の質を良くし、頑張っていきましょう!

コラム一覧へ